【VGC2019】グラゼルネ

JCSお疲れ様でした。
私は目標を1820程度に設定していたのですが、4度到達した1800から1度も勝つことはできませんでした。私のVGC2019はこれでお終いですが、予選を抜けられた方々は全国、世界ともに頑張ってください。応援しています。

前置きはここまでで、以下は使用した構築についてです。

続きを読む

【VGC2019】ムーンシリーズに向けて

こんにちは。ひまりです。
日本人にとってサンシリーズは終わってしまいましたが、WCSレートの切り替えは1月なので、私を含め少し困っているところでしょう。
困りながらアレコレ考えた事を、せっかくなのでサンシリーズの時と同じように文章にしておこうと思いました。







1.Zの場所について
まずZを伝説枠に持たせるのか、それとも一般枠に持たせるのかが問題になります。
伝説ポケモンがZ技を放つと、受けがより困難になります。一般枠はもちろん、伝説枠のポケモンも大きく削ることができるでしょう。また、半減ですら半分削るという状況が、より多く発生することが予想できます。
一方で、一般枠がZ技を使用することによって、その瞬間は伝説ポケモンに肩を並べることが可能です。フィールドや天候が有れば、伝説のポケモンを等倍で倒すことも不可能ではありません。一般枠で相手の伝説を倒すことができれば、大幅にアドバンテージが取れるでしょう。

個人的には、伝説のZで伝説を倒せば良いこと、枠の圧縮という2つの観点から、最初は伝説にZを持たせてみようと思っています。やるにつれて好みが出てきそうな部分にも思えます。


2.Zを持たせてみたいポケモン
伝説枠
パルキア
f:id:himaririri:20181207190059p:plain
サンシリーズではあまり使用率の高いポケモンではありませんでしたが、伝説激戦区から一歩抜き出た素早さ100が、より評価を高めてくれそうです。
ハイドロポンプZは、他の伝説を上からワンパンでき、Zの解禁でより受け難くなり、前のめりたい気持ちにマッチしています。また、ハイドロポンプを撃たざるを得なかったのが、一度は必中で撃てるようになるのも、採用を後押ししてくれます。

ゼルネアス
f:id:himaririri:20180831211542p:plain
Zジオコントロールは全能力を上昇させてくれます。2ターンかかってしまいますが、成功した際のリターンは圧倒的でしょう。また、普通にムーンフォースをZ技として選択しても、凄まじい火力を出せます。Zジオコン一本のパーティを組まないなら、多少の柔軟性はありそうです。

イベルタル
f:id:himaririri:20180831211611p:plain
Zクリスタルの存在により、多少ははたき落とすの一貫が落ちてしまいますが、そこまで気にする程では無いように思えます。
また、無効にできない悪技の特性上、イベルタル自身の攻撃性能は上昇しているようにも思えます。
Z技のベースとしてイカサマを持ったイベルタルが増加するかもしれません。また、安定して火力を出したい関係上、特殊イベルタルの増加もあるかもしれません。

ルナアーラ
f:id:himaririri:20181207185721p:plain
そもそもはそこまで火力の高いポケモンではありませんが、専用Zのムーンライトブラスターは威力200を誇ります。ゴースト技は一貫性が高く、安定して役割を遂行できそうです。
更に、ゴースト技を受けに来たガオガエンに対し、役割破壊の格闘Zを撃ち込む選択肢を持つこともできます。ガオガエン自身が圧倒的な採用率を誇り、かつルナアーラを見たら選出しがちな事を考えると、不一致Zの中では群を抜いて扱いやすそうです。
また、Zクリスタルを所持することで、自然にはたき落とすに対抗できるのも評価点でしょう。

カイオーガ
f:id:himaririri:20180831210037p:plain
サンシリーズでも多様な持ち物で採用されていたポケモンですが、Zも当然選択肢に入るでしょう。
潮吹きをベースにする事で、ワイドガード及び威力の低下という、潮吹きの弱点を補うことができます。また、雨下の火力はもちろん晴れ下であっても、よほど耐久に振ったグラードンでなければ倒せるところは評価ポイントでしょう。

グラードン
f:id:himaririri:20180831211556p:plain
カイオーガと同様に、断崖の剣をZにすることでワイドガードを避けつつ、命中不安を解消してくれます。ただ、カイオーガとの相性関係はより一方的になったように映ります。

一般枠
カプ・コケコ
f:id:himaririri:20180130203253p:plain
このルールは自然に雷を採用できる関係で、このポケモンの縛り範囲は圧倒的です。ただ、襷、チョッキ、スカーフを持たないこのポケモンを動かすのはかなりの困難を伴うようにも思えます。

カミツルギ
f:id:himaririri:20181207190118p:plain
草Z、格闘Zは相変わらずの強さに感じられます。ただ、コケコに比べても更に動かすのが難しそうなので、チョッキや襷が無難にも思えます。

ルンパッパ
f:id:himaririri:20170819234344p:plain
スカーフ潮吹きと水Zで上から全てを破壊したいです。相手のルンパッパをどうにか解決して、ひたすら前のめりに殴っていきたいです。


こうやって並べてみると伝説にZを持たせるのが無難な気がしてきますね。また、Zのおかげで環境に登場するポケモンもいるだろうとは思います。どのような対戦になるのか今から楽しみですね。

【VGC2019】International Challenge November

こんにちは。ひまりです。
INC Novお疲れさまでした。皆さんの結果はどうでしたか。
私は先に潜ったサブロムは1809でやめてしまい、後に潜ったメインロムは1700を数度反復横飛びして死にました。
使用構築は面白みのないディアオーガかつ、敗者であるため画像で基本的な紹介とさせていただきます。疑問がありましたら答えますので質問して下さい(更に質問するに適した人物が…)

f:id:himaririri:20181204202711j:plain

カイオーガ 控えめHC
ディアルガ 冷静 臆病ゼルネの+2ムンフォ耐え 余りC
モロバレル 生意気 無振りガエンのフレドラ耐え 余りD
ガオガエン 生意気 臆病ゼルネの+2ムンフォ耐え 余りB
カプ・テテフ 臆病 臆病ゼルネの+2ムンフォ耐え 最速 余りC
カミツルギ 陽気 AS

29-5 1809

【ローテ】ねがいごと杯結果報告

こんにちは。ひまりです。
先日はねがいごと杯に参加頂き、ありがとうございました。
皆様の協力のおかげで無事終えることができました。もし次回があるのなら、もう少し円滑に進めるられるように努力しようと思います。

以下は結果報告となります。

大会結果

予選

下線が予選突破者(敬称略)

Aブロック

f:id:himaririri:20180922160715p:plain
1位 ゆらり
2位 ひまり

Bブロック

f:id:himaririri:20180922160743p:plain
1位 れもんあめ
2位 ひこ

Cブロック

f:id:himaririri:20180922160750p:plain
1位 さこみん
2位 シュガー

Dブロック

f:id:himaririri:20180922160757p:plain
1位 フラカン
2位 れどれど

決勝トーナメント

f:id:himaririri:20180922155030j:plain
優勝 フラカン
準優勝 れどれど
3位 さこみん

KP

個人

f:id:himaririri:20181002002131p:plain

動画

3位決定戦

www.youtube.com


決勝

www.youtube.com



改めて、今回はねがいごと杯に参加していただきありがとうございました。また何らかのローテオフでお会いできることを楽しみにしています。

【VGC2019】サンシリーズ開始前の考え

こんにちは。ひまりです。
WCS2018が終わり、来年のルール及び開催地が発表されました。ルールは多くの方の予想通りGSでしたが、2度ルール変更があった上で、想像していたルールになる形でした。VGC2016年は受験生だったためGSルールに全く触れておらず、初めてとなるのでとてもワクワクしています。
ポケモンを楽しむ上では、途中でのルールの変更は新鮮さを失わせず、とても良いものです。しかし、WCSを目指す上では、違うルールに時間を割く必要が生じてしまいます。できることならサンシリーズで抜けて、ムーンシリーズを気楽に楽しみながら、ウルトラシリーズについて考える形をとりたいですね。

前置きはここまでにして、以降はサンシリーズ開始前の自分の考えをメモ程度に書こうと思います。行き詰まった際に見て役立ち、サンシリーズが終わった後に笑えるようなものになると嬉しいですね。

続きを読む

【ローテ】ねがいごと杯開催のお知らせ

こんにちは。ひまりです。
ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアを用いた、ローテーションバトルのオフ会を開催します!
皆さんのご参加お待ちしております!

続きを読む

【PJCS2018】ゲンガエンブルルジャラランガ

こんにちは。ひまりです。
今回はJCSインターネット予選で使用した構築と、それを改良して臨んだライブ大会での使用構築を紹介します。

続きを読む